FC2ブログ

2009.07.03 00:39

二十二点四十四分。喜剧固定放送。

杉田智和站在原地一动不动。直到停在前方三米外的电车关上车门,他才缓缓拿出手机开始编写新的邮件。指头的动作有点迟缓,正文短得反常,没有表情甚至没有标点。收件人位列常用联系人第一顺位。

“又没上末班我现在过来可好”。

十秒后手机里响起最熟悉的来信铃声,回复只有省略号。

“……”

那是他一人独占的默认讯号。

杉田智和收起手机,转身向车站出口走去。

| 村歩不離 | コメント(0) | トラックバック(0) | |

この記事へのコメント

コメントを書く

管理人にのみ表示

↑ページトップ

この記事へのトラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

↑ページトップ

プライベートモード